愚痴はデメリットの方が大きい!愚痴は他人も自分も苦しめる

どうもシルトです!

今回は愚痴のデメリットについて書いていこうと思います。

メリットはスッキリするというのをご存知だと思うので書きません。

スポンサーリンク

愚痴の2つの大きいデメリット

愚痴は大きいデメリットが2つあります!

愚痴を聞いている他人を不快にする

まず1つ目は愚痴を聞いている他人を不快にさせます。

実際私も不快に思った愚痴がありまして、とあるゲーム実況者がTwitterでコメントに対して愚痴を言っていたんですよね。

そのコメントは正しいんじゃないかなという感じのコメントだったんですが、それに対して馬鹿にしている感じで愚痴を言ってました。

私相手の度合いにもよりますが晒したり、馬鹿にしたりするのは大っ嫌いなんですよ。

それでその人の動画は見なくなりましたけど、愚痴は他人を不快にさせることがあります。しかもTwitterなので不特定多数の人が見るわけですから。

嫌な記憶が定着してしまう

2つ目は愚痴の嫌な記憶が定着してしまうというデメリットです。

脳って確か2週間に3回同じことを話したり、書いたりすると記憶が定着してしまうんですよね。

なので愚痴を言ってスッキリしたと思っても、また何度も何度も違う人に愚痴を言ってしまうと嫌な記憶が定着してしまいます。

スッキリしてもそれでは本末転倒です。

デメリットがあるなら愚痴は言わない方がいいのか

愚痴はメリットよりデメリットの方が大きいですが、では愚痴は言わない方いいのかといえば…

他人視点から見るとそれはベスト!

しかし!自分視点から見るとそれはベストではないと思っています。

愚痴は1回だけならセーフ

愚痴を言わないとスッキリせず、逆にストレスが増えることもあると思います。

そこで何度も愚痴を言わずに1回だけで終わるのなら、嫌な記憶は定着せずにスッキリすることができます

デメリットが少ない2つの愚痴り方

それではここからデメリットが少ない2つの愚痴り方をご紹介します。

家族などの相談しやすい人に愚痴を言う

まず家族などの相談しやすい人に愚痴を言うのがいいですね。

相談しやすいのはそれだけ親しい人なので、愚痴を言っても多少は不快に思われるかもしれませんが、まずすぐに縁を切られることはないでしょう。

ただ流石に毎日愚痴を言うと相手も嫌になってくるので、愚痴は適度にしましょう。

また逆に縁が薄い仲だとすぐに切られてしまったり、Twitterとかだとかなりの不特定多数に見られてしまうので注意しましょう。

寝る前に紙に愚痴を書き出してポジティブ日記を書く

2つ目は自分はスッキリして他人は不快にさせない方法です!

それは寝る前に紙に愚痴を書いて、ポジティブ日記を書くことです!

確か寝る15分前は記憶のゴールデンタイムと言われて、記憶が定着しやすい時間なんです!

そこで紙に愚痴を書き出してしまいます。

さらにスッキリしたところでポジティブ日記というものを書きます!

ポジティブ日記というのはポジティブ思考になるポジティブ日記を2週間付けた効果は!?という記事で説明していますが、寝る前に今日あった良かったこと、楽しかったことを1つ1行で3行書く日記です。

これをすることで嫌な記憶がポジティブな記憶に上書きされます!

 

実際私これをやってました。

そしたら翌朝嫌な記憶はかなり薄まっていましたね!

注意点としては愚痴をポジティブ日記より後に書いたり愚痴しか書かなかったりすると逆に記憶に定着しやすくなってしまいますので気をつけましょう。

またこちらも愚痴るのは1回で済ませましょう。

そしてポジティブ日記はできれば毎日!

愚痴のデメリットと愚痴り方まとめ

愚痴は普通にやるとデメリットの方が大きいですか、愚痴り方次第ではデメリットよりメリットの方が大きいので上手く愚痴りましょう!

そして愚痴る回数は何度も言いますが、1回愚痴ったらそれで終わりにしましょう。

それでは!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

コメント 承認後コメントは表示されます。

タイトルとURLをコピーしました