寝る前のスマホをやめて読書に変えたらリラックスできてすぐに寝れるように!

どうもシルトです!

最近寝る1時間前はスマホは使わないで、日記を書いたり読書をしているのですが、寝る前の読書はリラックスできてすぐ寝れますね!

ちなみに今読んでいる本はこちらの「感情リセット術」です!

スポンサーリンク

寝る前にスマホをやめて読書をして変わった2つのこと

寝る前にスマホをやめて読書に切り替えて変わった事が2つあります!

寝る前にSNSを気にしなくなった

今まで寝る直前までTwitterなどのSNSが気になり見てましたが、夜寝る前はあまり気にしなくなりました

寝る1時間前に切り上げているので、1時間も時間が空くと気にしなくなりますね。

逆に気にしてると寝るのが遅くなり、Twitterで繋がっている人が夢に出てくるっていうことが、連続で3日くらいありました(笑)

寝付くのが早くなった

寝る直前までスマホゲームとかやっている時は、寝付くのに30分〜1時間程度かかりましたが、感覚的に20分くらいになりましたね!

寝付くのが早くなるってことは、その分長く睡眠を取れるっていうこと!!

そしてこの40分の差はかなりでかいですよ!

1週間も前のままだったら280分で…

4時間40分も睡眠を損しています!

寝る前にスマホの代わり読書を始めて変わったことまとめ

寝る前にスマホやゲームをやると脳が興奮して、なかなか寝付けず睡眠の質を下げてしまいます

しかし光が出てない読書なら内容にもよりますが、リラックスができすぐに寝れるのでオススメです!

ただ続きが気になるものは、逆に寝付けなくなるのでオススメしません。

読むとしたら別の記事にも書いた気がしますが自己啓発系ですね。

読者の皆様寝る前はスマホではなく、読書はいかがでしょうか?

それでは!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント 承認後コメントは表示されます。

タイトルとURLをコピーしました